作品紹介

「夏目友人帳」シリーズ初の
長編オリジナルエピソードがスクリーンに登場

2003年の初出当初から多くの読者を
魅了してきた緑川ゆきの代表作
「夏目友人帳」(白泉社 月刊LaLa連載)は、
優しさと切なさの溢れる描写が話題となり、
漫画ファンを中心に圧倒的な支持を得てきました。
TVアニメ第一期は2008年に放送を開始、
その後2017年の第六期まで継続され、
深夜アニメとしては他に類を見ない
ロングシリーズとなりました。
そして、2018年秋、アニメ「夏目友人帳」の
集大成ともなる
劇場版がスクリーンに登場。
本作では、シリーズ初の長編映画として、
原作者監修による
完全新作の
オリジナルエピソードが描かれます。
総監督は、第一期~第四期TVシリーズの
監督(第五期~第六期は総監督)をつとめ、
実写的な演出に定評のある大森貴弘。
監督はアニメーターとしても幅広く
活躍する伊藤秀樹。
脚本は数多くの劇場作品を
手掛けてきた村井さだゆき。
アニメーション制作はTVシリーズを
担当してきた朱夏。
確かな実力と多くの経験を積んだ
スタッフの手によって、
待望の劇場アニメーションが誕生します。

プロローグ

小さい頃から、他の人には見えないあやかし
目に映すことができた夏目貴志。
亡き祖母レイコが勝負をしかけ、
負かした妖に名前を書かせた契約書の束
「友人帳」を継いで以来、
自称用心棒・ニャンコ先生とともに、
妖たちに名を返す日々――